フルボ酸の研究

​フルボ酸はどうしていいの?

フルボ酸でペットや畜産動物の腸の調子が良くなり健康になる

​アンモニア濃度が64%の削減が発表されました

  • ペットや畜産動物にフルボ酸を与えると、腸の調子が良くなるため、免疫力が高まり、下痢をしにくくなります。

  • エサの消化・吸収が盛んになり、フンのニオイが軽減します。

  • エサ中の有害微生物の繁殖を防ぐので、健康度がアップします。

  • 腸内の良い微生物を増やし、悪い微生物を減らします。

  • 競走馬・畜産動物・ペットのストレスを抑制し、明るく前向きな性格づくりに貢献します。

【詳しい説明】

 ドイツのライプツィヒ大学で、畜産動物やペットに対するフルボ酸の効果の研究成果を集め、整理してまとめました。(以下抜粋)

  • ペットや畜産動物にフルボ酸を与えると、腸内の健康が改善されて免疫力が高まり、病原体に対して働くことによって健康状態が改善されます。

  • フルボ酸が腸内を至適なpH(弱酸性)に保つことで、食物消化率が増加し、結果として窒素排泄量が低下し、フンのニオイが減少します。

  • フルボ酸がエサの細菌や真菌の増殖を抑えて、マイコトキシン(微生物の由来の毒物)の濃度を低下させるので、健康度が向上します。

  • 腸内では、「良い」微生物(ビフィズス菌や乳酸菌など)を増やし、「悪い」微生物(カンジダ、緑膿菌、黄色ブドウ球菌など)を抑制する効果があります。

  • 精神的な落ち着きに関係する脳内神経伝達物質(セロトニン)の前駆物質は腸で作られます。フルボ酸により腸の状態が良くなり、セロトニンの前駆物質が多く作られるので、精神の安定に貢献します。

  • 血液・心血管系・内分泌系・重要な臓器に関して、フルボ酸は無害です。

  • フルボ酸は採掘場所によって性質が異なるため、その効果も多様です。

  • ​EUでは、フルボ酸は獣医学薬として認可されています。弊害が多い抗生物質の使用を減らし、フルボ酸で代替できないか、検討されています。

 No.20190819 フルボ酸の研究情報より 文責:フルボ酸工房(豊田)​

​出典:Islam, K. M. S., et al. (2005): Pakistan J of Nutrition. 4(3), 126-134


 

フルボ酸について

自然界に存在する有機酸で、腐植土壌に存在し、植物にミネラルを補給する役目を担っています。
動物に対しては、微量養分(ミネラルなど)を体全体に運ぶ作用を持つだけでなく、活性酸素などの働きの抑制効果が期待されています。

まだまだ解明されていない部分が多いフルボ酸ですが、有害物質の排除(=デトックス)を積極的に行うことで、免疫力の安定化にもつながると考えられます。

フルボ酸は、フミン物質の中の1つです。
フミン物質は

・フルボ酸
・フミン酸
・ヒューミン

の3つの成分に分類されますが、フルボ酸は分子量が小さく、phに関係なく溶液に良く溶ける性質を持っているため、体にも吸収されやすいのです。

フルボ酸には以下の作用があります。

このページの目次

  1. 1 ①キレート効果

  2. 2 ②ph緩衝作用

  3. 3 ③ミネラルバランスの調節

  4. 4 ④生体活動の活性化

  5. 5 ⑤自然治癒力の促進

  6. 6 免疫を整え健康を維持する

①キレート効果

体内に入ったミネラルを取り込んだり離したりすることで、体内にバランスよくミネラルを送り届ける効果が期待できる。
また、老化原因の一つでもある活性酸素やフリーラジカルの活動抑制作用も期待できます。

②ph緩衝作用

phバランスを一定に保つことです。
体内のph値を安定化させることで、体内買いに余計なストレスをかけにくくします。

③ミネラルバランスの調節

体内のミネラルバランスを一定に保とうとする働きから、栄養分を球種ると同時に余剰・不必要な栄養をデトックスする効果が期待できます。
吸収と排泄を両方担う栄養素です。

 

④生体活動の活性化

細胞を活性化させる天然のイオン交換物質のため、効率よく酸素を取り込むことで、生体活動・自然治癒力を活性化させることが期待できます。

⑤自然治癒力の促進

体内酵素の活性化により、血流の改善や腸内環境の清浄化から、代謝改善、基礎体温上昇などが期待できます。

 

食材では摂取が難しいため、サプリメントとして摂取することになりますが、デトックス促進と微量養分の吸収率upは、コルディとの相乗効果が期待できると考えられます。

デトックスが滞れば、折角の免疫力も効果を十分に発揮できません。
是非、フルボ酸も日々のケアとして取り入れてみてください。

免疫を整え健康を維持する

ご愛犬やご愛猫にできるだけ苦しい思いをさせたくないというのは皆様に共通したお考えだと思います。
そのためにも、できるだけペットたちの免疫の免疫を守っていただきたいと思います。

 

フルボ酸は、土の中の微生物によって、長い年月に渡って植物が分解され作られた有機物です。

植物が枯れると、土の中の微生物がこの植物を徐々に分解し、様々な有機物(organic matterまたはorganic compounds)となります。有機物とは炭素を含む物質の総称です。炭水化物(carbohydrates)、アミノ酸(amino acids)、脂質(lipids)、腐植(humus)などは全て有機物です。腐植は、フミン酸(humic acid)、フルボ酸(fulvic acid)とフミン(humin)という腐稙物質(humic substances)から成ります。腐植が作られるプロセスを『腐植化(humification)』と呼びます。腐植物質は、炭水化物やアミノ酸よりも壊れにくい構造をしていることが特徴です。

このように、天然由来のフミン酸やフルボ酸は、水、土、堆積層、泥炭など、腐植がある程度進んだところからであれば、基原(基原材料=由来)を問わず採取、抽出することが出来ます。また、植物などを発酵して人工的に、”腐植化のプロセス”を再現することで腐植酸を発生させ、フルボ酸を作ることも出来ます。従って、基原によってフルボ酸の含有量をはじめ、ミネラル含有の有無など、含有成分の種類や量が全て違います。それぞれが異なった性質を持っているため、二つとして同じフルボ酸は存在しません。 

■ 古代植物堆積層=”ヒューミックシェール”はフルボ酸の一つの基原です。

腐植がある程度進んだ土などからフルボ酸は採取できますが、この土の中には他にも炭水化物やアミノ酸などの有機物が多く含まれています。一方、古代植物堆積層=”ヒューミックシェール”は、腐植物質を採取することができる特別な地層です。植物の分解が始まってから数千年~1億年もの時間をかけて作られた堆積層は世界中に多くあり、そこから採れるフミン酸やフルボ酸の質や純度は若い土から採れるものよりは純度が高いと言われています。(ヒューミックシェールは長い時間をかけて築かれた「鉱山」であり、土ではありません。)しかし、ヒューミックシェールはどれも同じではありません。どのヒューミックシェールからも同じように純度の高い腐植物質が採れるわけではないのです。

(株)スタイルアンドバリュージャパンのフルボ酸・フミン酸である「ヒューミクル®」は、アメリカ西部にあるヒューミックシェールより採取しており、極めて純度の高いフルボ酸、フミン酸と65種類以上のミネラルを含有していることが特徴です。

詳しくは『ヒューミクル®の製造工程』のページをご覧ください。 

■ フルボ酸は一つの分子式・分子構造で表すことができません。

様々な基原があるフルボ酸には、一つとして同じ分子構造を持つものがありません。これは微生物による腐植化のプロセスが極めて複雑であることに起因します。

下記の、Buffle氏作のフルボ酸の分子構造が引用されることが多いですが、これはフルボ酸分子構造の一例です。天然のフルボ酸が全てこの分子構造をしているわけではなく、分子量も一つずつ違います。

しかし、フルボ酸は特徴的な構造として、カルボキシル基やフェノール性水酸基を多く含みます。この化学構造により、キレート作用や抗酸化作用など多彩な性質を持っています。

 

■ 農業:植物が育つためには腐稙物質が必要です。

植物にとって、健全に育つために土の中の腐稙物質は大変重要な存在です。腐稙物質は、マイナスの電極を持ち、土の中にある陽イオン(プラスの電荷をもった物質)であるミネラル(Ca2+, Fe2+, K+, Mg2+など)を引き付けています。植物の根がこのイオン化したミネラルを引き付けた腐稙物質に近づいたとき、水素イオン(H+)と交換に根の細胞はミネラルを細胞内に取り込むことができます。

多くのミネラルは植物の成長と生命維持に欠かすことのできない栄養分です。腐稙物質の不足した土壌では上述のイオン交換が困難になり、植物は必要なミネラルを吸収することができません。従って、ミネラル豊富な栄養価の高い野菜や果物をつくるためには、土壌に腐植物質を供給することが重要です。

植物を食べて栄養を摂るヒトと動物にとって、野菜や果物の栄養価は重要です。私達ヒトが野菜や果物から十分なビタミンやミネラルを摂るためには、その植物たちが腐植物質(フルボ酸・フミン酸)が豊富な土壌で育つことが不可欠です。 

■ ヘルスアンドビューティー:フルボ酸にはヒトの健康を支える多様な作用があります。

抗酸化作用
フルボ酸は強い抗酸化作用を特徴とする物質です。抗酸化物質は、体内の「活性酸素」の除去に役立ちます。活性酸素は、紫外線などの外部刺激や老化などに伴い増え、過剰に発生した活性酸素は細胞の中のDNAにダメージを与えるなど悪影響を及ぼします。

キレート作用
フルボ酸は、多くのカルボキシル基を持つことから、ミネラルを「キレート」する力を持ちます。「キレート」とは、複数の「カニのはさみ」のような腕で、しっかりと一つのミネラルを強力に挟むようなイメージの、化学的結合のことをさします。このキレート力により、フルボ酸はたくさんのミネラルをその分子構造内に抱え込むことができる稀有な物質です。

デトックス効果
フルボ酸は、体内の細胞に必要な栄養素を届け、代わりに不要な物質を排出する力を持つと言われています。
フルボ酸は上記のキレート効果により、カドミウムなどの重金属と結合し体外に排出するチカラを持ちます(1)。また、フルボ酸はウランやプルトニウムなどの放射性物質と結合することにより、放射能を無害化するチカラを持ちます(2)。 

参考文献:
(1) Journal of Applied Biomedicine 3: 13-24 (2005) “Humic substances - compounds of still unknown structure: applicatons in agriculture, industry, environment and biomedicine.”
(2) W. R. Jackson (1993) “Humic, Fulvic, and Microbial Balance: Organic Soil Conditioning.” 

消臭効果
フルボ酸には、アンモニア臭を消す効果があることが知られています。

口腔バイオフィルム:殺菌効果
フルボ酸は、口腔バイオフィルムを形成する菌(ミュータンス菌、ジンジバリス菌など)に対して抗菌作用があります。

参考文献: インディアナ大学歯学部 学術発表 他 

pHコントロール
フルボ酸は天然のバッファー(緩衝材)としての作用があり、体内のpHを一定に保ちます。

参考文献:
Klapper 2002 他 

シリカ溶解
フルボ酸はシリカを溶解する作用を持ちます。 

参考文献:
Huang & Deller 1970, Kodama 1983 他 

ヘルスケア分野において進められている研究 【ナチュラルメディスン英語版より抜粋】
フルボ酸には下記の作用があることが様々な研究にて明らかになっています。 

  1. 抗アレルギー

  2. 抗炎症

  3. 抗酸化

  4. 抗菌・抗ウイルス

  5. 抗がん

  6. 抗プリオン

  7. 抗認知症

ヘルスケア分野におけるフルボ酸の使用例 【ナチュラルメディスン英語版より抜粋】

  1. アルツハイマー等認知障害

  2. 呼吸器感染症

  3. 悪性腫瘍

  4. 疲労

  5. 重金属中毒

  6. 皮膚炎・湿疹

  7. 低酸素症予防

  8. 花粉症 など

*【ナチュラルメディスン英語版より抜粋】弊社のフルボ酸、ヒューミクル®の効果を示すものではありません。

 

 

 

フルボ酸の効果は?

ラットを使った傷の治癒の実験によると、抗菌性と抗炎症性の両方に関連がみつかり、局部の治療薬として有望と論文に記載されています。

Carbohydrate-derived fulvic acid is a highly promising topical agent to enhance healing of wounds infected with drug-resistant pathogens.

炭水化物由来のフルボ酸は、薬剤耐性病原体に感染した創傷の治癒を促進する非常に有望な局所薬剤です。

J Trauma Acute Care Surg.  2015 Oct;79(4 Suppl 2):S121-9.

 

湿疹のいくつかの側面を大幅に改善しました。

Randomized, parallel-group, double-blind, controlled study to evaluate the efficacy and safety of carbohydrate-derived fulvic acid in topical treatment of eczema

湿疹の局所治療における炭水化物由来のフルボ酸の有効性と安全性を評価するための無作為化、並行群、二重盲検、対照研究

Clin Cosmet Investig Dermatol. 2011; 4: 145–148.

Published online 2011 Sep 8. doi: 10.2147/CCID.S23110

 

 

 

コラーゲンを分解に直接関与するMMP抑制効果があり、アンチエイジングに対して有用である可能性が示唆された。

フルボ酸とアンチエイジング:― 線維芽細胞,MMP へのフルボ酸の効果

Effect of Fulvic Acid on Ultraviolet Induced Skin Aging:The Effect of Fulvic Acid on Fibroblasts and Matrix Metalloproteinase

 

西日本皮膚科

西日本皮膚科 74(4), 427-431, 2012

日本皮膚科学会西部支部

 

フルボ酸は頭皮の栄養素を増加させる

フルボ酸の特定の画分が人間の皮膚に浸透できることは事実です。つまり、薬理学的目的に使用できます(International Journal of Pharmacology)。 実際、フルボ酸は天然の浸透促進剤なので、他の有益な成分が皮膚に吸収されるのを助けます(

 

 

 

●フルボ酸の皮膚への効果および育毛効果

 

1.皮膚浸透力がある。(1)

2.抗炎症効果がある。(2)

3.脱毛の原因の一つに炎症による脱毛がある。症状の軽減。(3)

4.キレート効果で重金属の排出を助ける。

5.毛乳頭細胞の増殖を助ける(コメントのみ文献なし。)

 

※ 研究により、髪と頭皮の健康に有益である可能性があることが実証されています。

栄養素の提供に関しては、フルボ酸には、抗酸化効果、浸透促進、キレート効果があるので、栄養素の吸収、供給、使用を改善できる可能性があります。

 

(1)André M Beer 1H E JungingerJ LukanovP Sagorchev:Int J Pharm. 2003 Mar 6;253(1-2):169-75. Evaluation of the permeation of peat substances through human skin in vitro.

(2)J.R.Snyman.J.Dekker.S.C.K.Malfeld .C.E.J.vanRensburg.September 2002.Drug Development Research 57(1):40 – 43.Pilot study to evaluate the safety and therapeutic efficacy of topical oxifulvic acid in atopic volunteers.

(3)Cynthia M Magro 1Anthony RossiJonathan PoeSuveena Manhas-BhutaniNeil Sadick. J Drugs Dermatol.2011 Dec;10(12):1404-11.The role of inflammation and immunity in the pathogenesis of androgenetic alopecia

 

●動物農業におけるフミン酸物質

 

Humic Acid Substances in Animal Agriculture

K.M.S. Islam, A. Schuhmacher and J.M. Gropp .Pakistan Journal of Nutrition 4 (3): 126-134, 2005

テキサスAおよびM大学システムの研究者は、フミン酸塩を使用すると、動物の排泄物中の揮発性アンモニアが64%減少し、臭気が減少することを発見しました(Parker et al。、2001)。

 

 

 

フルボ酸の体内での働き、効果

 ・ミネラルを体の隅々まで届ける。

 ・過剰ミネラルを排出し、体内のバランスを整える。

 ・抗酸化作用で活性酸素を分解する。

 

フルボ酸の体外での働き、効果

 ・皮膚のpHバランスを整える。

 ・皮膚、毛に栄養を届ける。

 ・皮脂や臭い、汚れを落とす。

 

●フルボ酸について

自然界に存在する有機酸で、腐植土壌に存在し、植物にミネラルを補給する役目を担っています。動物に対しては、微量養分(ミネラルなど)を体全体に運ぶ作用を持つだけでなく、活性酸素などの働きの抑制効果が期待されています。

まだまだ解明されていない部分が多いフルボ酸ですが、有害物質の排除(=デトックス)を積極的に行うことで、免疫力の安定化にもつながると考えられます。

●犬の食事にフミン酸とフルボ酸を加える主な理由

それでは、犬の食事でこれらの酸を摂取することがなぜ重要であるのかを見ていきましょう。

 

#1腸の健康と消化を改善

フミン酸とフルボ酸はいくつかの方法で腸の健康をサポートします:

・毒素除去

・栄養素の保護

・栄養素を追加する

 

#2免疫サポートに寄与する

免疫システムを高めることで健康になります。

 

#3肌に安心を与える

泥風呂とクレイマスクを備えたスパの日は、私たち人間だけのものではありません。微量のフミン酸とフルボ酸を与えるのは、犬にとっても大変重要です。

 

フミン酸とフルボ酸は天然の物質です。:

・抗生物質

・抗真菌剤

・抗炎症薬

これらの効果で、犬のスキンケアに内外の両方で優れた効果を発揮します。

抗ストレス作用、精神安定、安眠作用

・気性の荒いマスス間でのけんか予防 臨床効果

おしっこ

の臭い

家畜での試験

フルボ酸の研究